スポンサーサイト

  • 2012.11.17 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    Eat less, then Save the world

    • 2012.11.17 Saturday
    • 00:49
     ようやくガストロノミーのペーパー終わったー!
    とりあえずディベートでやった内容だからと思って
    「肉」をテーマに選んだけれど、
    結果としてすごい考えさせられることになった。
    今日は自分が得た知識と、考えたことを書きたいと思います。

    まず、牛を食用の500キロに育てるのには、莫大な飼料がいること。
    世界で消費される年間17億トンの穀物のうち、8億トンは家畜のえさになる。
    もし、これがすべて人間の食糧になれば、
    世界中で飢餓はなくなるっていうレベル。

    牛の放牧地を作るために、たくさんの自然資源が消えていく。
    同時に、環境汚染も進んでいく。
    短期間で効率よく牛を育てるために、feedlotという育成法が使われる。
    これは牛を狭い牛舎に閉じ込めて運動制限をし、
    化学物質やビタミンをたくさん含んだ餌を与える。
    それによって普通の放牧よりも早く肥えた牛を育てることができる。
    数年前にはやった狂牛病は、この合成餌が原因であると考えられる。
    もはや、牛は生き物ではなく物として扱われる。

    そして、牛は屠殺場に連れて行かれ、残酷な殺され方をする。
    http://saisyoku.com/slaughter_cow.htm
    上のリンクで写真が見られます。


    生きていくために、肉食は必要だと思う。
    私自身は絶対ベジタリアンにはなれない。
    だから、私が考えたことは机上の空論で、
    ただのきれいごとなのかもしれないけれど、
    何も知らずに莫大な量の牛肉を消費するよりも
    その背景にある事実を知って、少しでも考えながら消費したいと思った。

    私は吉野家や松屋、焼肉屋のファンで、牛肉が好き。
    でも、今回知った事実、
    5回に1回肉食をやめれば、世界中の飢餓を救えるということ、
    これを考えると、週に2日野菜炒めだけの日や魚の日を作れば、
    食べ物がなくて困っている誰かを救えるんじゃないか。
    一日二日肉を食べなくても、死なない。
    でも、私たちが一日二日肉を食べることで、
    飢餓によって死んでしまう人がいる。

    そして、さらにショックだったこと。
    それは日本の食品廃棄量が世界一位であること。
    食品廃棄率にすれば、アメリカの方が上であるけれど、
    已然として日本がいかに食糧を無駄にしているかということ。
    私は小さいころから「出されたものは残さない」というしつけをされて、
    学校の給食でも「残さないのが当たり前」という教育を受けてきたから、
    日本は欧米諸国と比べたら食糧廃棄は少ないと思ってた。
    現に留学に来て、こっちの人たちが平然とごはんを捨てるのを見て驚いた。
    でも、それと同じことが当たり前に日本でも起きている。

    自分一人がアクションを起こしたところで、
    世界が変わるとは思えない。
    それでも、何もしないよりは何かした方がましかもしれない。
    私がeat less meatすることで、どこかの誰かが飢え死にしないかもしれない。
    このブログを見てくれている人が何か少しでも感じ取ってくれて、
    一週間に一回お肉を食べなくすれば、もしかしたら何人もの人が救われるかもしれない。

    何も権威も名誉もない人間が大それたことはできないけれど、
    小さなことが積み重なれば、何かが変わるかもしれない。
    その可能性を信じたい。

    私はこれから肉、特に牛肉の消費を減らしていきます。。
    そして、これまで通り食べ物を捨てない生活をします。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM